てんかんは誰しもなる可能性がある病気です。どのような病気なのか、治療法にはどんな方法があるのかを事前に知っておきましょう。

医者と患者
  • ホーム
  • てんかんの高齢者痙攣と生活習慣について

てんかんの高齢者痙攣と生活習慣について

女性の医者

てんかんは発作を繰り返す脳の病気です。脳の神経細胞に突然異常な電気的興奮が起こり発作を起こしてしまうのです。
てんかんの原因として考えられているのが脳の障害から起こるものがあり、脳出血や脳炎、脳梗塞や脳に外傷を受けたような場合に起こることがあります。また原因がわからないものもあります。
脳の神経細胞に異常な電気的興奮が起こるきっかけは人によって違うことがありますが、それが意識を突然失ってしまう、全身を硬直させてけいれんを起こしてしまうことがあります。

てんかんは18歳以下に発症する例が多いのですが、成人になってからも発症する例があります。また高齢者になるとその数がまた増える傾向にもあります。
高齢者のてんかんの場合は特長があり、その症状としては高齢者痙攣が比較的少なく意識的な障害のほうが多いのです。
高齢者痙攣が少ないことから見逃されることもありますが、日常の生活習慣において何か異変があれば注意をする必要があります。
それは一時的に動作が停止してじっとしているようなことがある、口だけがモグモグと動いている、人の名前を思い出すことができないといった症状が現われることがあります。

中には高齢者痙攣を起こす場合もありますが、よほど発作がひどい場合であり生活習慣の中で知らないうちに発作を起こしていることがあります。
また高齢者の場合は脳の病気が原因と分かっている場合が多く、もし過去に脳の疾患があるような場合は注意が必要です。
また高齢者の場合は記憶障害、意識障害なども起こすことがあるので生活習慣の中で誰かが早く気づいてあげて治療を行うことが大切です。早期に治療を行うことでその症状は改善に向かうこともあります。

サイト内検索
人気記事一覧