てんかんは誰しもなる可能性がある病気です。どのような病気なのか、治療法にはどんな方法があるのかを事前に知っておきましょう。

医者と患者
  • ホーム
  • てんかんや自閉症など脳の病気を予防

てんかんや自閉症など脳の病気を予防

女性の医者と患者

てんかんは突然意識を失う発作を起こしてしまうことと、その発作を繰り返し起こす病気なのです。
このてんかんという病気は数百人に一人程度発症するもので、それほどめずらしい病気ではありません。

てんかんは乳幼児から成人、また高齢者になっても発症することがあるのです。
成人や高齢者の場合は過去に頭を強打したり外傷を受けてしまったことが原因や、脳梗塞や脳出血などが原因となることがあります。
このてんかんと同様に脳の病気として自閉症があります。
自閉症は3歳以前という早い時期に症状が現われることがあります。

早く治療を行うことが大切なのはてんかんも同じで、自閉症は生涯にわたって発達障害を起こしてしまうことがあります。
その症状は独り言やうまく人と話をすることができない、人とのかかわり合いを避けるというものです。

この自閉症が他の脳の障害と関係があるとされているもののひとつがてんかんです。
これらは関係性があり合併症を予防するためにも早期に治療を行うことが大切です。

てんかんの場合は意識を失ってしまう発作があり、中には全身がけいれんしてしまう発作もあります。
その予防方法としては薬となります。
いつ発作が起こるかわからないことから、日常生活も気を付ける必要があります。

治療は早期に行うこと、そして脳波といった検査を行うことになりますが、発作の内容や頻度を正確に医師に伝えることが大切です。
発作の予防に薬を服用しますが、その内容や用法など適切に判断する必要があるためです。

薬はあくまで発作が起きないように予防することが主な目的ではありますが、発作が起きても影響を最小限におさえるためにも必要なことです。
また十分に睡眠をとる、ストレスをためないなど工夫も必要です。

サイト内検索
人気記事一覧